Niroyik

「うたおう。風や太陽のため 音楽に救われる人のために
海を越え どこかの国の少女にも届くように、うたおう。」

【歌詞翻訳】52度の彼方

作曲/編曲:ペーじゅん
作詞:nk
ボーカル:茶太

たった一度だけ 不思議なことがあった
鳥でもない君が 飛び立つのを見た
仅仅有过一次 不可思议的经历
我亲眼目睹并非是鸟的你 飞了起来

表情があった
そんな顔したことなかったのに
空中で少しこちらを見て
やさしい顔をした
脸上带着丰富生动的表情
你以前从来没有那样过
却从空中轻轻投来目光
以一副温柔的神情

胸騒ぎのひとつもなかったけど
何が起きたのか すぐに気づいた
名前を呼ぼうとして やっぱりやめた
充分だった 今更言葉にしなくても
我的心中没有泛起一丝波澜
但我即刻察觉到了 究竟发生了什么
我想要出声叫你 然而最后还是放弃了
已经足够了 事到如今无须再付诸言语

あんまり目がよくないから
君が景色に溶けそうで
でも どうしてかこの日は
点になるまで 君が見えた
我的视力不是很好
你看起来就总是像要溶化在背景里
可是 不知为何 在这一天
我一直清晰地看着你 直到化作一个小点

ずっと君が見えたから泣かずにいられた
我一直 都看见了你 所以一滴泪也没有流

左うしろ足が 時折そっと宙を蹴り
ゆるやかに進む君を見送った
你用左后足时不时轻盈地蹬踩着空气
缓缓地前进上升 我目送着你远去

私達はどんどん離れて
こんなに悲しいのに
私の胸は 暖かくて
我们就这样逐渐远离了
这是多么地令人难过啊
我的心中却充溢着温暖

最後まで泣かずにいられた
涙なんて 後でよかった
到最后都忍住了不哭
幸好眼泪是在那之后

一度だけ 君のやさしい顔を見た
仅仅有过一次 我看见了你温柔的脸庞









快10年了吧这首。
考完回了老家,见到了心爱的猫猫狗狗们,就头脑一热找出之前搁置的半成品修改完了。
很喜欢的一首,没翻出满意的效果。还会再改的。

评论